pickup
>> 「魚のサラサラ」で若々しい毎日を!大人気のサントリーのサプリメント <<
>> 「DHA&EPA+セサミンE」がコチラのサイト限定で10%増量中! <<

 

■  インシュリン療法(2型糖尿病)



インスリンは、すい臓のランゲルハンス島のβ細胞で作られるホルモンです。糖分を含む食べ物は消化酵素などでブドウ糖に分解され、小腸から血液中に吸収されます。食事によって血液中のブドウ糖が増えると、すい臓からインスリンが分泌され、その働きによりブドウ糖は筋肉などへ送り込まれ、エネルギーとして利用されます。このようにインスリンには、血糖値を調整する働きがあります。しかし糖尿病の患者さんの場合、すい臓からのインスリン分泌量の低下がしばしばみられ、そのようなケースではインスリン注射薬を使い、インスリンを外部から補ってあげる必要があります膵臓のインスリン分泌がほとんどなくなる1型糖尿病では、インスリン療法が治療の基本となり、生きるためにもそれが欠かせません。

一方、2型糖尿病では、膵臓のインスリン分泌はいくらかは残っているので、インスリン療法をしなくても、すぐに命〈いのち〉にかかわるわけではありません。しかし、食事・運動療法や飲み薬による治療では血糖値を管理できない場合、また血糖値がとくに高い場合には、インスリン療法を行います。2型糖尿病でも、インスリン療法が必要なことは珍しいことではありません。国内でインスリン療法を行っている約70万人の患者さんのほとんどは2型糖尿病です。

インスリン療法のことを、重症の糖尿病の人のための、最後の治療手段だと悲観的にとらえたり、わずらわしそうだと敬遠する患者さんがいますが、治療が進歩し、注射器具の改良が著しい現在では、そのような考え方はあてはまりません。 2型糖尿病のインスリン療法は、この残っているインスリン分泌力を効率よく活用し長持ちさせ、よりよい血糖コントロールを保ち続けることが目標です。

インスリン療法とは、糖尿病患者さんの体内で不足しているインスリンを注射で補う治療法です。すい臓からのインスリン分泌には、1日中ほぼ一定量が分泌される基礎分泌と食事などの血糖値の上昇に応じて分泌される追加分泌があります。1型糖尿病では基礎分泌と追加分泌がともに障害されています。2型糖尿病では主に追加分泌が障害されており、さらに進行すると基礎分泌も障害される場合があります。インスリン療法では基礎分泌と追加分泌からなる健康な人のインスリン分泌パターンを再現することを理想としており、そのため適切なタイミングで、適切な量のインスリンを注射する必要があります。

インスリン療法中は、低血糖に注意する必要があります。低血糖とは血糖値が正常範囲以下にまで下がった状態のことをいい、冷や汗、動悸、意識障害、けいれん、手足の震えなどの症状があらわれます。低血糖は初期症状が起きた時にきちんと対処すれば、回復します。したがって、低血糖を恐れるあまり自己判断でインスリン注射薬の量を調整したり、中止したりしないようにしましょう。また、低血糖が起こったら、必ず主治医に報告するようにしましょう。

現在のインスリン注射薬は種類も豊富で使いやすく、携帯しやすいものに改良されており、自分のライフスタイルに合わせて、無理なく生活にとり入れられるようになっています。インスリン療法は自らの管理のもと、正しく行う必要があり、インスリン療法を勧められたら前向きにとり入れ、1日も早く適切な血糖コントロールの実現を目指しましょう。



■  薬なしで完治させる糖尿病治療 口コミ人気ランキング



1位 藤城式・血糖値を3日で下げる方法(DVD付き)
・薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD!
・3日で血糖値が下がっていく話題の療法!改善しなければ100%返金!
・過去にきつい食事制限や運動が長続きしなかった方はお勧めです。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>>詳細を見る

2位 薬に頼らず血糖値をコントロールする方法
・薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法で
 コントロールできた誰でもできる簡単な方法を全て公開!
・「血糖値はが30分の●●によって確実に下がる」と注目度上昇!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>>詳細を見る

3位 糖尿病と共に歩む会〜サラサラ・ブラッド〜
・インスリン注射や血糖降下剤を服用しているが病状が改善しない
 糖尿病患者でも簡単に血糖値を正常に戻した方法を公開!
・実践者の喜びの声が続々到着中!期間限定割引価格で提供中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆         >>>詳細を見る

■ 本サイト人気コンテンツ

★ どんな症状なの?
★ 治療法は?
★ インシュリン療法
★ 自己チェックをしよう