pickup
>> 「魚のサラサラ」で若々しい毎日を!大人気のサントリーのサプリメント <<
>> 「DHA&EPA+セサミンE」がコチラのサイト限定で10%増量中! <<

 

■  食事で治療



なぜ食事療法が必要なのでしょうか?そのわけは、糖尿病が、食事と密接な関係にあるインスリンの、不足や欠乏から起こる病気だからです。インスリンが不足すると、食べ物を通して摂取したぶどう糖などの栄養分が利用されなくなり、体の各細胞が栄養不良になります。一方、利用されないぶどう糖はどんどん増え続け、血液中にあふれてきます。その状態が高血糖で、これを放置すると、合併症が起きてきます。

これを防ぐには、摂取する食べ物の量を制限し、各種の栄養分も不足しないよう、食事のとり方を変えねばなりません。その人に合ったエネルギー量にすることと、栄養バランスのとれた食事に切り換えること。それが食事療法です。食事療法は、薬を飲むわけでもなくお金もかからないため軽視されがちですが、一番効果があり、またほかの治療法の効果も助ける、もっとも基本になる重要な治療法なのです。

インスリンの量が不足したり作用が十分ではなかったりすると 細胞がエネルギーを有効に利用することができないので 体のあらゆる臓器に重大な悪影響を及ぼします。 インスリンがうまく作用しないと利用されないブドウ糖が 血液中に停滞し そのブドウ糖が一定量以上になると腎臓から尿に漏れて「糖尿病」といわれるわけです。 I型ーインスリン依存型糖尿病とは主として膵臓から分泌されるインスリンの絶対量が不足して起こる糖尿病で外からインスリン補給を必要とします。 II型ーインスリン非依存型糖尿病は分泌されるインスリンの量は必ずしも少なくはないのに なんらかの原因で十分に作用しないために起こる糖尿病で 多くはII型の糖尿病です。 どちらのタイプも 食事療法が重要で 食事と運動によるコントロールをしっかりおこなうことが必要です。

また「食べ方」ですが、「一日3食」をきちんと取るようにします。朝食や昼食を抜いたり、あるいはまとめ食いをしたりすると、一度にたくさんのインスリンが必要になるため膵臓に負担がかかります。また空腹状態で食事をすると、からだが次の空腹状態に備えて栄養を蓄えようとするため、どうしても皮下脂肪が溜まりやすくなってきます。食事のスピードは「意識してゆっくりめに」します。「満腹感」は、血液中の糖分が増えたことを脳が感知して起きるものです。早食いをすると、血液中の糖分が増えるより先に胃に食べ物が送り込まれてしまいますので、満腹感を感じる前にどうしても食べ過ぎてしまいます。これが肥満につながるわけです。



■  薬なしで完治させる糖尿病治療 口コミ人気ランキング



1位 藤城式・血糖値を3日で下げる方法(DVD付き)
・薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD!
・3日で血糖値が下がっていく話題の療法!改善しなければ100%返金!
・過去にきつい食事制限や運動が長続きしなかった方はお勧めです。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>>詳細を見る

2位 薬に頼らず血糖値をコントロールする方法
・薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法で
 コントロールできた誰でもできる簡単な方法を全て公開!
・「血糖値はが30分の●●によって確実に下がる」と注目度上昇!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>>詳細を見る

3位 糖尿病と共に歩む会〜サラサラ・ブラッド〜
・インスリン注射や血糖降下剤を服用しているが病状が改善しない
 糖尿病患者でも簡単に血糖値を正常に戻した方法を公開!
・実践者の喜びの声が続々到着中!期間限定割引価格で提供中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆         >>>詳細を見る

■ 本サイト人気コンテンツ

★ どんな症状なの?
★ 治療法は?
★ インシュリン療法
★ 自己チェックをしよう