pickup
>> 「魚のサラサラ」で若々しい毎日を!大人気のサントリーのサプリメント <<
>> 「DHA&EPA+セサミンE」がコチラのサイト限定で10%増量中! <<

 

■  運動で健康を



糖尿病、といえば食事と運動、そんな分かりきったことを、とお思いではないですか?でもちょっと待ってください。けっこう難しいんですよ、運動でなぜ糖尿病がよくなるか?は。体を動かすとエネルギーを使うので、血糖は下がります。食後30分頃からの血糖の上昇をおさえるには、まず体を動かすこと、これはいえます。でも運動したから、と、エネルギーのあるものを飲み食いすると逆効果です。(体重60kgの人がショートケーキ1個(100g)のエネルギー量(350キロカロリー)を消費するには分速60mで約110分の歩行が必要です) ウオーキング、エアロビクス、ジョギング、水泳などの有酸素運動(息を止めずに少し汗ばむ強さで続けられる運動)の持続はさらに有効です。約20分で体内のブドウ糖がエネルギー源として使われ、その後から脂肪がエネルギー源として使われ出すので脂肪を落として体をひきしめ肥満からの糖尿病の改善に役立ちます。

有酸素運動の状態を感覚的にいうと、たとえば多少息切れはするものの、人と話しながら続けられる程度の運動ということもできます。ハアハアと息切れして会話がほとんどできないのは、運動が強すぎて酸素が十分に取り込めない状態を示し、一方、歌がうたえるくらい余裕のある状態*では、運動が弱すぎて治療効果が見込めません。人と会話ができる程度の運動を15分以上続けると、体の酸素消費量が増え、血糖だけでなく、脂肪もエネルギー源として使うようになるため、血糖を下げ、また、血液中の脂肪や体重も減るようになります。

そうした運動で、とくに患者さんに人気のあるのは、手軽で道具を使わずに誰でもできる速歩、散歩、体操などです(下表参照)。なお、運動の前後は、準備運動、整理体操も忘れずにしてください。さらにダンベル体操などの無酸素運動(息をつめて瞬間的にエネルギーを使う運動)も消費エネルギーは少ないのですが、筋肉量を増やして、体の基礎代謝を増やすことで、インスリンの効きやすい体つくりに役立ちます。体を動かして今の血糖を下げること。30分以上動き込むことで代謝をよくして体を引き締めること。筋肉量を増やして糖尿病に強い体に作り変えること。

運動療法を始めるにあたっては、必ず医師のメディカルチェックを受けます。これは、合併症がない人でも同じことで、メディカルチェックによって、その人の体力に合った運動の強さを決めたり、隠れているかもしれない合併症やほかの病気をみつけることができます。合併症がある場合、メディカルチェックがより重要になります。運動しながらの心電図・血圧測定、運動後の尿蛋白の測定などの検査によって、どの程度の運動なら問題ないのかを確認します。

運動のやり過ぎや、合併症を知らずに運動を続けていて、病気を悪化させたりすることがないように、月に1度は主治医のチェックを受け、効果の判定とアドバイスを欠かさず受けましょう。

最後に、体調の悪い時は無理をしないことです。糖尿病の運動療法は長く継続しないと意味がありません。運動を始めて本当に効果がでるにはまず3ヶ月と思ってください。ということは3ヶ月は続く運動が必要です。食事が腹八分なら運動も八分か六分でいいから、継続できること。しっかり3日頑張れたら、一日休養、というペースで週に4から5回を目標にしましょう。



■  薬なしで完治させる糖尿病治療 口コミ人気ランキング



1位 藤城式・血糖値を3日で下げる方法(DVD付き)
・薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD!
・3日で血糖値が下がっていく話題の療法!改善しなければ100%返金!
・過去にきつい食事制限や運動が長続きしなかった方はお勧めです。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>>詳細を見る

2位 薬に頼らず血糖値をコントロールする方法
・薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法で
 コントロールできた誰でもできる簡単な方法を全て公開!
・「血糖値はが30分の●●によって確実に下がる」と注目度上昇!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>>詳細を見る

3位 糖尿病と共に歩む会〜サラサラ・ブラッド〜
・インスリン注射や血糖降下剤を服用しているが病状が改善しない
 糖尿病患者でも簡単に血糖値を正常に戻した方法を公開!
・実践者の喜びの声が続々到着中!期間限定割引価格で提供中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆         >>>詳細を見る

■ 本サイト人気コンテンツ

★ どんな症状なの?
★ 治療法は?
★ インシュリン療法
★ 自己チェックをしよう