pickup
>> 「魚のサラサラ」で若々しい毎日を!大人気のサントリーのサプリメント <<
>> 「DHA&EPA+セサミンE」がコチラのサイト限定で10%増量中! <<

 

■  肥満している時



肥満で糖尿病になる人が急増しています現代人は、過食や運動不足で肥満になりがちです。肥満になると、耐糖能(血糖を処理する能力)障害などの、軽い糖尿病状態になる人が増えますが、初期のうちに肥満を解消すれば、また正常に戻ることができます。しかし、そのまま肥満を放置し続けると、糖尿病になってしまう人が少なくないのです。このような、明らかに肥満が原因で発症する糖尿病を、「肥満糖尿病」といい、その患者数は日本の2型糖尿病の6割以上を占めています。

肥満は、おそらく私たちの体にとって、ひとつの異常事態だと考えられます。肥満の程度が高くなるほど、糖尿病や動脈硬化症など、さまざまな生活習慣病にかかる率が増え、死亡率も高くなるからです。肥満になればなるほど、健康や長寿から遠ざかるということが、肥満の最大の特徴といえるでしょう。

肥満になると、インスリンの必要性が増すため、糖代謝(体内で糖をエネルギーとして消費したり蓄えたりする作用)を支えるすい臓などの各組織が、それぞれの持ち場でフル回転し、肥満という事態に対応します。しかし、その状態が長引くと、血糖を処理する役目の部分に、次々異常が起こり、糖代謝のサイクルが狂ってきます。いくつかのそうした異常が重なって、糖尿病が発症します。肥満が糖尿病を起こすメカニズム   

先に述べましたように、最近、脂肪細胞からは多種類の生理的な作用をもつ物質が分泌されていることが分かってきました。そのひとつに腫瘍壊死因子アルファ(TNF-α)と呼ばれる物質がありますが、これは、インスリンの作用を低下させることが分かっています。肥満症では肥った脂肪細胞からこの物質がたくさん分泌されるため、インスリン作用が低下します。これが、血糖の上昇を招く一つの原因につながっているものと考えられています。そのほかに、インスリン作用が低下すると、脂肪組織から放出されてくる遊離脂肪酸も、ブドウ糖の利用を妨げる結果、血糖を上昇させることも分かっています。

また、肥ってくると、からだにはその他にどんな変化が起こってくるのでしょう?内臓脂肪がたまって、その結果生じたインスリン抵抗性は、上に述べました(境界型糖尿病)ばかりではなく、高脂血症や高血圧を引き起こし、さらには動脈硬化を進行させると考えられています。こういう状態は、シンドロームX、内臓脂肪症候群、インスリン抵抗性症候群などと呼ばれていますが、肥満のなせる業で、これは是非とも避けたいところです。さらにβ3アドレナリン受容体遺伝子変異は、エネルギー消費という本来の役割を果たせず、エネルギー蓄積の方向に働いてしまうため、この変異を持つ糖尿病のヒトはなおさら肥満が助長され、糖尿病の悪化が懸念されます。



■  薬なしで完治させる糖尿病治療 口コミ人気ランキング



1位 藤城式・血糖値を3日で下げる方法(DVD付き)
・薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD!
・3日で血糖値が下がっていく話題の療法!改善しなければ100%返金!
・過去にきつい食事制限や運動が長続きしなかった方はお勧めです。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>>詳細を見る

2位 薬に頼らず血糖値をコントロールする方法
・薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法で
 コントロールできた誰でもできる簡単な方法を全て公開!
・「血糖値はが30分の●●によって確実に下がる」と注目度上昇!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>>詳細を見る

3位 糖尿病と共に歩む会〜サラサラ・ブラッド〜
・インスリン注射や血糖降下剤を服用しているが病状が改善しない
 糖尿病患者でも簡単に血糖値を正常に戻した方法を公開!
・実践者の喜びの声が続々到着中!期間限定割引価格で提供中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆         >>>詳細を見る

■ 本サイト人気コンテンツ

★ どんな症状なの?
★ 治療法は?
★ インシュリン療法
★ 自己チェックをしよう