pickup
>> 「魚のサラサラ」で若々しい毎日を!大人気のサントリーのサプリメント <<
>> 「DHA&EPA+セサミンE」がコチラのサイト限定で10%増量中! <<

 

■  脳梗塞・心筋梗塞



脳梗塞や心筋梗塞は突然に起こり、命が奪われることもある恐ろしい病気で、たとえ治療して助かっても後遺症が残ったりすることもあります。日本の脳梗塞・心筋梗塞の発症率も、最近、増加の一途を辿っています。そして、糖尿病の人はそうでない人の2〜3倍の可能性があり、脳梗塞になった人の約半数、心筋梗塞になった人の約3分の1に糖尿病がみられます。アメリカでは糖尿病患者さんの7割近くが、これらの病気で亡くなります。

従来は欧米人に比べて低かった日本人の脳梗塞・心筋梗塞発病率も、近年、生活環境の変化とともに増加しています。そして糖尿病の人は、糖尿病でない人の2〜3倍これらの病気になりやすく、実際、脳梗塞になった人の約半数、心筋梗塞になった人の約3分の1に糖尿病がみられます。

なぜ糖尿病の人がこれらの病気になりやすいかと言うと、脳梗塞も心筋梗塞も動脈硬化のために血液が流れなくなって起こる病気であり、糖尿病はその動脈硬化の進行を早めてしまうからです。動脈硬化が進むと血液が流れるスペースが狭くなり、血栓〈けっせん〉(血管の中で血液が固まったもの)ができやすくなります。血栓によって血流がせき止められると、その先の細胞は酸素や栄養が届かないので、間もなく死んでしまいます。これが「梗塞」です。脳や心臓の細胞は再生しません。梗塞のために死んでしまった細胞が司っていた働きは復活せず、後遺症が残ってしまいます。糖尿病になると、なぜ動脈硬化が起きやすいのでしょう。

動脈硬化が進むと血管中の血流が狭まって、血栓(血液の固まり)ができやすくなり、それにより血流がせき止められると、その先の細胞は酸素や栄養不足で間もなく死に至ります。これが「梗塞」です。 死んだ脳や心臓の細胞の働きは元には戻らず、後遺症が残ります。 糖尿病になると動脈硬化が起きやすくなる大きな原因は、動脈の内膜に大量のコレステロールが取り込まれてしまうことです。

血液中では、水に溶ける蛋白質が(水に溶けない)コレステロールを包んで「リポ蛋白」となっていますが、血糖値が高い時リポ蛋白が酸化されたり、ブドウ糖が結合したりして変化します。 リポ蛋白が血管の内膜に蓄積されプラークという塊を作り、そのために糖尿病があると動脈硬化が進行するのです。

以上、脳梗塞・心筋梗塞を避けるための糖尿病の治療について記載してみましたがいかがでしたでしょうか。恐ろしい病気に最悪でもならないために普段から気をつけておきたいことや生活習慣の改善、文中でてきている"動脈硬化"が進まないための知識をしっかりマスターしておきたいものです。



■  薬なしで完治させる糖尿病治療 口コミ人気ランキング



1位 藤城式・血糖値を3日で下げる方法(DVD付き)
・薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD!
・3日で血糖値が下がっていく話題の療法!改善しなければ100%返金!
・過去にきつい食事制限や運動が長続きしなかった方はお勧めです。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>>詳細を見る

2位 薬に頼らず血糖値をコントロールする方法
・薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法で
 コントロールできた誰でもできる簡単な方法を全て公開!
・「血糖値はが30分の●●によって確実に下がる」と注目度上昇!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>>詳細を見る

3位 糖尿病と共に歩む会〜サラサラ・ブラッド〜
・インスリン注射や血糖降下剤を服用しているが病状が改善しない
 糖尿病患者でも簡単に血糖値を正常に戻した方法を公開!
・実践者の喜びの声が続々到着中!期間限定割引価格で提供中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆         >>>詳細を見る

■ 本サイト人気コンテンツ

★ どんな症状なの?
★ 治療法は?
★ インシュリン療法
★ 自己チェックをしよう