pickup
>> 「魚のサラサラ」で若々しい毎日を!大人気のサントリーのサプリメント <<
>> 「DHA&EPA+セサミンE」がコチラのサイト限定で10%増量中! <<

 

■  高齢者の場合



糖尿病になる人数は、年齢とともに急増しますが、最近の調査では、60歳を超えると6人に1人が糖尿病という、驚くべき数字になっています。また、加齢とともに、糖尿病性の合併症の頻度が高くなり、加えて、動脈硬化などの病気も出てくるため、一人でいくつもの病気に苦しむ人が増えます。

その一方で、若い人と変わらない元気さをもつ軽度な患者さんもいるわけで、一口に高齢者の糖尿病といっても、治療法や療法の方法については、患者さん一人一人の病状と、個人的な生活背景も考慮したきめの細かい工夫が必要になってくる点が、大きな特徴といえるでしょう。 2型糖尿病者は『老人病』の典型でしたから、間違いなく年齢と共に変化する病気です。加齢に従ってインスリンを分泌するベータ細胞(すい臓)の能力が低下してきます。さらに筋肉量が減少して内臓脂肪が増える"からだ"になりますから。インスリンの作用も低下(インスリン抵抗性)します。

高齢者の糖尿病の特徴を、項目別に挙げてみました。加えて、高齢者特有の諸条件があります。

・2型糖尿病になりやすくなるリスクの改善が年と共に難しくなります。たとえば減量、食生活の向上、タバコ、運動不足などもどんどん困難になります。

・高齢者は多病です。糖尿病の合併症と関係が深い『高血圧』だって治療は容易ではありません。投薬も増えますから、薬の干渉、副作用の害が出てきます。

・高齢者の合併症は速く進行します。自覚がないがままに糖尿病の診断が遅れますので、かなり年齢が経た糖尿病が多いのです。さらに身体的にも若い世代に比べて重い合併症が増えてきます。

・からだも不自由、脳の認知力も低下してくるので、生活全般にわたって糖尿病治療を守るのが困難になってきます。

・介護の不足、経済困窮によって通院や薬の使用に不備が生じます。

よく、「高齢になると、合併症の進展も遅れるのでは?」という楽観的な見方がされることがあります。しかし、多くの調査でわかったことは、高齢でも、病気は確実に進展するという事実です。しかし、しっかり治療に努めれば、高齢でも、合併症の進展を遅らせることができます。

つまり、糖尿病の基本的な治療と指標は、高齢者でも若い人とまったく変わらず、よりよいコントロールの維持が大切です。ただ、若い人と違い、諸機能は低下していますから、自覚症状が出にくかったり、異常に気がつかないことも少なくありません。従って糖尿病の管理に血糖値やグリコヘモグロビンなどの血液検査だけでなく、眼底検査や高齢者に多い動脈硬化などの検査も定期的に行って、自覚症状のみに頼ることなく、糖尿病を管理することが大切です。

基本的な治療と指標は、若い人と変わりませんが、それを実行する段階では、加齢による心身の変化に対する細かな対応や工夫が必要になります。高齢者に起こりがちな、日常生活における治療上・生活上の問題とそのケアのポイントを、次にまとめてみました。



■  薬なしで完治させる糖尿病治療 口コミ人気ランキング



1位 藤城式・血糖値を3日で下げる方法(DVD付き)
・薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD!
・3日で血糖値が下がっていく話題の療法!改善しなければ100%返金!
・過去にきつい食事制限や運動が長続きしなかった方はお勧めです。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>>詳細を見る

2位 薬に頼らず血糖値をコントロールする方法
・薬を飲んでもなかなか下がらなかった血糖値がらくらく健康法で
 コントロールできた誰でもできる簡単な方法を全て公開!
・「血糖値はが30分の●●によって確実に下がる」と注目度上昇!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆        >>>詳細を見る

3位 糖尿病と共に歩む会〜サラサラ・ブラッド〜
・インスリン注射や血糖降下剤を服用しているが病状が改善しない
 糖尿病患者でも簡単に血糖値を正常に戻した方法を公開!
・実践者の喜びの声が続々到着中!期間限定割引価格で提供中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆         >>>詳細を見る

■ 本サイト人気コンテンツ

★ どんな症状なの?
★ 治療法は?
★ インシュリン療法
★ 自己チェックをしよう